産業用太陽光発電

産業用太陽光発電とは、10kW以上の規模で設置をする太陽光発電の事を言います。

通常太陽光発電と言うと4~5kWくらいでの設置がほとんどですので、通常住宅では設置できないような規模のものとなります。

余った電気だけを高く売ることができる余剰電力買取制度が適用される住宅用の太陽光発電と違い、産業用太陽光発電は発電した電気すべてを高く買い取ってもらうことができる全量買取制度が適用されます。

全量買取制度は20年保証ですので、10年保証の余剰電力買取制度と比べると現状はかなり魅力的と言えます。

そんな産業用太陽光発電のメリット・デメリットや、できるだけ利益を高めるための方法などを解説しました。

産業用太陽光発電の一括見積もり

SnapCrab_NoName_2013-9-26_18-14-14_No-00太陽光発電を導入する人の多くが、適正価格を知らずに高すぎる価格で太陽光発電を導入してしまっています。

それが原因で大損してしまわないためにも、必ず複数業者の見積もりを比較しましょう。

産業用太陽光発電の一括見積もりをするなら、利用者数日本一のグリーンエネルギーナビがおすすめです。

1分程度の簡単な入力をするだけで、すぐに見積もりをもらうことができます。

20110527075109ebe1

産業用太陽光発電に関するおすすめ特集ページ

テキスト

logo80×80テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキスト

logo80×80テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキスト

logo80×80テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

  • チェックリスト
  • チェックリスト
  • チェックリスト

産業用太陽光発電について

ここは産業用太陽光発電についての解説ページです。太陽光発電は通常一般家庭の屋根の上に設置するものですが、近年は全量買取制度の影響もあって産業用太陽光発電を導入する人も増えてきました。その勢いは家庭用太陽光発電に迫るくらいのものがあります。当サイトで解説している太陽光発電の情報は、基本的に家庭用太陽光発電の方を扱っていますので、産業用太陽光発電に関する詳しい説明がありませんでした。一応家庭用と産業用でそこまで大きな違いがあるわけでもないので、同じように捉えてもらっても差支えはありません。が、できるだけ理解を深めるためにも、産業用太陽光発電専門のページをいくつか用意しています。なので、ぜひ産業用太陽光発電の導入を検討する際には参考にしてみてください。