新築で太陽光発電を設置するのは実際のところ得なのか

こんにちは、キョウです。

これから新築で家を建てるという方の中には太陽光発電の設置を検討する方も多いと思うのですが、実際のところちゃんと得する仕組みになっているのか疑問に思う部分も多いと思います。

家を建てる時のノリで軽々しく契約を決めてしまっては結局大損することになりますので、賢く得をするにはどうしたら良いのかということについて解説してみたいと思います。

太陽光発電は安く設置しないと元が取れない

まず当たり前の事なのですが、太陽光発電は安く設置しないと元をとるのにものすごく時間がかかってしまいます。

なので、太陽光発電を設置するときは必ず安く設置する努力をすべきなのですが、新築で家を建てる場合その住宅メーカーに太陽光発電の施工をそのまま依頼してしまう方が多いものです。

でも、探せば他の業者でもっと安く設置してくれるところが必ずあります。

多くの人はそれを探そうとしないので、住宅メーカーとしては「高く売っちゃえ」となってしまいます。

他の安い業者を見つけて見積もりをもらってくれば、その住宅メーカーも「じゃあ、もう少し安くしますのでうちで契約してください」という姿勢になります。

これだけで数十万程度なら設置費用が安くなりますので、そのくらいの工程は欠かさないでください。

ただ、太陽光発電を安く設置してくれる業者を探すのは結構大変なので、その場合はこちらの一括見積もりを利用すると便利です。

おすすめ特集ページ