太陽光発電は元が取れる?取れない?一体どっち?

こんにちは、キョウです。

太陽光発電というのはあまり透明性が無い商品なので、買った後にどうなるかが良く分からない部分があります。

もちろんある程度事前に試算などはするでしょうけれど、その試算通りになるかどうかも不明瞭な部分があります。

なので、太陽光発電を設置した際に元が取れるのか取れないのかが分からない状態に陥ってしまいかねません。

家の条件によって違う結果が出る

中には、

「太陽光発電を設置したら10年で元が取れて不労所得だよ!」

という人もいれば、

「太陽光発電なんて損するだけだからやめた方がいいよ・・・」

という人もいます。

なぜこのような良く分からない自体になってしまうのでしょうか。

私が提示したい答えは、「家によって条件が違うから」というところです。

太陽光発電は自然エネルギーを利用するわけで、太陽光の当たり具合だったり、天候の具合だったりで大きく発電量が変わってきます。

それに設置をするときの工事費用というのも全然違うわけです。

少し条件が違うだけでこんなに変わる

例えば太陽光発電を設置して20年で200万円の収益が出せる家があったとしましょう。

この家に太陽光発電を150万で設置できた人は

「太陽光発電はお得だから設置した方がいいよ!」

と言い、設置するのに200万円がかかってしまった人は

「全然元が取れない!」

といいます。

それに補助金や売電などの制度をどのタイミングで受けたかなどによっても条件が変わってきますので、本当に家によって大きく変わってくるものなのです。

なので、適切な家に適切な価格で設置をすればちゃんと元は取れますし、適切でない家に適切でない価格で設置をすれば元は取れません。

業者もとにかく売ってしまいたいと思っていますから、多少適切でない家に適切でない価格で売ることもあります。

だから元が取れる人がいたり、元が取れない人がいたりするのです。

それは太陽光発電がどうこうという話ではなく、ただただその家の問題なんですね。

yajirushi3-2あなたの家の条件を踏まえて元が取れるかどうかを見積もりで算出してみる

おすすめ特集ページ