太陽光発電のセールスが来た時に注意すべき事

こんにちは、キョウです。

太陽光発電は訪問販売や電話営業など形でセールスをしている業者が多いです。

それをきっかけに太陽光発電に興味を持ってもらえる可能性があるという点ではそういう形もアリなのかなと思いますが、得てして訪問販売、電話営業でセールスをしてくる業者は悪徳業者が多いです。

9割以上が悪徳業者と言っても過言ではありません。

なので、そういった業者かセールスを受けた時に注意すべき事をまとめておきたいと思います。

営業マンが話す事は、営業マンにとって都合のいい話だけ

例えばあなたの家があまり太陽光発電に向いてない家だったとしましょう。

その場合、ちゃんと元を取るにはかなり安い金額で設置しなければいけなかったとします。

しかし、それでは業者が儲かりません。

営業マンは歩合制で働いている人がほとんどですので、つまり営業マンが儲からないということになります。

せっかくあなたの家に足を運んで、丁寧に説明をしたのに、お客の利益を考えてしまったがため自分の利益は無しなんてことになったら営業マンにとっては最悪です。

そうなった場合、「なんとか高く売ってやろう」という気になるのは自然な事です。

必ず複数社で話を聞いて、見積もりを比較する

これは何も営業マンが悪いとかではなく当たり前の事ですので、買う側もそのあたりのことを考えて行動するということを頭に入れておきたいところです。

強引なセールスに主導権を奪われたりせずに、あくまで自分主導で太陽光発電の導入を考えてください。

その際にも、見積もりを複数社で出して比較し、「他のところだともっと安いですよ?」と強気で言えるくらいになっておきましょう。

複数社で見積もりを出してもらう際は、一括見積もりが便利です。

太陽光発電の一括見積もりはこちら

おすすめ特集ページ