太陽光発電の導入を不安に感じたらやるべきこと

こんにちは、田澤です。

太陽光発電というのは高い買い物ですし、ほとんどの人が人生で初めて太陽光発電を導入することになりますので、「このままで大丈夫かな・・・」というような不安を感じるようなことがあると思います。

不安を感じた状態ではなかなか契約書にハンコを押せないと思います。

そんなときにやるべきだと私が思うことについてまとめて解説してみます。

太陽光発電を設置したらどうなるのかを数字にする

不安というのは、「分からない」という状態から生まれます。

なら分からないを無くせばいいじゃないかということで、太陽光発電を設置した後の状態を全て数字化することをおすすめしたいのです。

これは設置費用の見積もりを取るというだけではなく、

  • 発電はどのくらい行われるのか
  • 劣化するとすればどのくらいのペースなのか
  • 保証期間はいつまでか
  • 何年で元が取れるのか
  • 20年後の収支はどれくらいか

などなど、気になるところは全てリストアップして、数字化してみて下さい。

数字化できない部分があるとすれば、不安になるのも仕方ないです。

分かるまで、業者の人に話を聞いたりなどして調べてみましょう。

太陽光発電を導入した人の話を聞く

不安に思う場合、すでに太陽光発電を導入した人の話を聞くというのは効果的かと思います。

ただ一つ注意して欲しいのが、太陽光発電を導入して損をしたという話を聞いて自分もそうなると思わないで欲しいです。

やり方次第、その家の条件次第のところがあるので、他の人が上手くいかなかったからと言って自分が上手くいかなくなるとは限りません。

逆に言うと導入して良かった!と言う人の意見だけを盲信するのも良くないでしょう。

あくまで「こう言う人もいるんだなあ」という程度に話を聞いてみてください。

もし身の回りにそういう人がいない場合は、以下から口コミを参照してみてください。

太陽光発電を導入した人の口コミを見てみる

比較をする

そもそも情報不足だと不安に思うのも当然なので、1社だけではなく複数の業者から話を聞いてみましょう。

3社くらいと話をすると、どの業者が良くてどの業者が悪いといったような目利きができるようになってきます。

比較をすることで価格競争を起こさせることもできますし、以下の一括見積もりを利用して比較検討することをおすすめします。

太陽光発電の一括見積もりはこちら

おすすめ特集ページ