太陽光発電の収支がプラスになる時期とは

こんにちは、キョウです。

太陽光発電の導入を検討する上で最も気になることの一つに、収支がプラスになる時期、つまり元を取れる時期というのがありますね。

10年で収支がプラスになるのか、15年なのか、20年なのかで全然話が違いますから。

ただ、やはり太陽光発電というのはその家の条件によって設置費用や発電量が全然違うので、一概に

「〇〇年で元が取れますよ」

というのが言えないのが本当のところです。

条件がかなり良い家に安く設置することができれば10年かかることなく元が取れますし、逆の場合だと20年以上かかってしまう場合があります。

なのでまずは、いくつかの業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

見積もりを出してもらうときに必ず「何年で収支がプラスになりますか?」と尋ねてみてください。

これが核心部分になるのですが、誤魔化すために教えてくれない業者もあったりするので、そういうことろには依頼しないでください。

で、幾つかの業者で見積もりをとったら、その中で気に入った業者の中で価格競争をさせます。

「〇〇社で見てもらったら〇〇万円でしたけど、そちらではその価格にならないのですか?」

という感じで。

するとどんどん価格が下がっていくので、それにつれて収支がプラスになる時期も短くなっていきます。

ただ複数社で見積もりを取って、比較して、交渉して、というような作業は実際骨が折れると思います。

なので、その際は一括見積もりサイトを利用すると便利です。

太陽光発電の一括見積もりはこちら

おすすめ特集ページ