太陽光発電の買い時は、皆が買い時だと思っていないタイミング

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置するタイミングというのを気にされる方は結構多いです。

しかし、あまり知識の無い人がタイミングを気にしても、適切なタイミングというのを見つける事はできません。

よく、

  • 補助金の締め切り前だから、今すぐ買おう
  • もう少し安くなってから買おう

ということを言われますが、これは完全に間違いです。

なぜこれが間違いなのかについて解説してみたいと思います。

補助金の締め切り前だから、今すぐ買おう

補助金の締め切り前というのは、太陽光発電の駆け込み需要が起こる時期です。

普段そこまで太陽光発電を真剣に考えていなかった人でも、そのタイミングで真剣になったりします。

人間は緊急性を煽られるとつい行動してしまう生き物なので仕方ないのですが、はっきりいうとこれはあまり賢い選択ではありません。

何故かというと、この時期には太陽光発電のシステム自体が値上がりするからです。

モノの価格というのは需要と供給のバランスによって決定されます。

駆け込み需要が起こるということは、

需要>供給

となり、価格が高くなるということです。

太陽光発電のシステムは、その場で見積もりを出して自由に決定できるものですから、柔軟に値上げをされてしまうわけですね。

もう少し安くなってから買おう

これもおっしゃる方がいるのですが、ちゃんと考えればおかしいことに気がつきます。

例えばですが、太陽光発電の価格が今の半額になったとしましょう。

すると、電力会社・投資家・資本家などが、こぞって太陽光発電を買います。

一気に太陽光発電が普及するので、売電や補助金の制度が必要なくなるのです。

電気の価格自体も安くなります。

先程も言ったとおり、あくまでモノの価格は需要と供給で決まるのです。

太陽光発電の供給が増えるということは電気の供給が増えることになりますから、結局は電気代の節約にもならず、売電収入も得られなくなります。

皆が買い時だと思ってない時が買い時

じゃあいつ太陽光発電を購入するのが良いのかというと、皆が買い時だと思っていないタイミングです。

つまり

需要<供給

になっているときということですね。

業者は太陽光発電を売りたいけれど、なかなか買ってくれる人がいなければ、値下げをしてでも売りたいと思うでしょう。

そのタイミングで購入するのがベストなのです。

yajirushi3-2皆が買い時だと思っていまい今のうちに太陽光発電の見積もりを出してみる

おすすめ特集ページ