マンションに太陽光発電を導入するならきお付けておきたい3つのポイント

こんにちは、キョウです。

太陽光発電の導入をされる方の中には、一般的な家庭ではなくマンションに対して太陽光発電を考えている方もいらっしゃるのかなと思います。

今回はマンションへの導入を考える場合に気をつけておきたい3つのポイントということで解説したいことがあります。

得意な業者を見つける

家庭の屋根に設置する場合と、マンションの屋根に設置する場合では、施工の方法なども多少違ってくるでしょう。

つまり、その施工が得意な業者とそうでない業者が出てくるということです。

もしあなたの周りに信頼できる業者がいたとして、なんとなくの気持ちでその業者に任せてしまうと、知らず知らずのうちに適正な金額を大幅に超えた請求を受ける可能性が高いです。

もちろんその業者は悪気があってそのような請求をしているのではなく、単純にそのくらいのコストがかかってしまうから、ということなのですね。

相場は存在しないということを理解する

太陽光発電というのは、その建物によって施工の方法も違えば、それにかかるコストも変わってきます。

ある程度の目安はあると言っても、パネル〇枚でいくらとか、〇kWでいくらみたいな相場が無いというのが現状です。

Aの業者だと300万円だったけれど、Bの業者では500万円だったというような事が当たり前に起きます。

通常の家とは違うマンションからこそ、複数の業者で見積もりを取る

今までお伝えしたように、もともと相場というのが曖昧な太陽光発電を、通常の家ではなくマンションに導入する場合、業者によってか価格の変動がかなり起きてきます。

それを前提と考えて、マンションだからこそ複数の業者で見積もりを取るというのを欠かさないでください。

いくつかの業者に見てもらうことで、どういう業者にお願いするのが最もベストなのかという感覚がつかめてくると思います。

複数の業者に見積もりをとってもらう場合は、オンラインの一括見積もりが便利ですので、こちらから利用してみて下さい。

太陽光発電の一括見積もりはこちら

おすすめ特集ページ