不慣れな業者で設置をすると損する理由とその見分け方

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置する場合どこかしらの業者に施工を依頼することになるでしょう。

しかし、太陽光発電はパッケージになっているものではなくあくまでオーダーメイドです。

あなたの家に施工するのが得意な業者もいれば、不慣れな業者もいます。

その中で不慣れな業者に依頼してしまうと様々な点で不利にになってしまうことがあります。

今回はそのあたりのことについて詳しく解説していきます。

太陽光発電の設置費用が高くなる

極端な例ではありますが、もしあなたが病気になったらどうするかを考えてみてください。

  • 知識や経験が豊富なお医者さんに治療を依頼する
  • これからい者になろうとしている高校生に今から医学を学ばせる

間違い無く前者に依頼しますよね。

後者の場合は、これから医大に通って、その後就職活動をして、実際の現場で研修を行って、というように様々なコストがかかります。

何においてもそうですが、できない人ができるようになることに対してコストをかけるよりも、既にできる人にやってもらうほうが圧倒的にコストが下がります。

太陽光発電も同じで、あなたの家と似たようなタイプの家に設置を行ったことが無い業者に依頼をすると、色々な部分で無駄なコストが掛かってしまいます。

その分費用が高くなってしまうのですね。

参考:太陽光発電の設置価格を少しでも安くするためにやるべきたった1つのこと

参考:太陽光発電の設置費用が高くなればその分利益は安くなる

不慣れな業者をどう見分けるのか

続いて不慣れな業者を見分ける方法です。

まず、素人が普通に業者と会話して得意か不慣れかを見分けるのは困難だと思ってください。

なぜなら、不慣れな業者は不慣れなことがバレると売れなくなるため、不慣れであることを隠そうとするからです。

最も分かりやすくてシンプルなのは、複数の業者で見積もりを取って比較をすることです。

複数の業者で見積もりを取ると、同じシステムなのに高いところと安いところが出てきます。

それを見てみれば、得意な業者ほどコストを抑える工夫もできているので、安い見積もりが出されるでしょう。

複数の業者で見積もりを取るには、以下から一括見積もりを利用するのが便利です。

yajirushi3-2括見積もりサイトを使って簡単に複数の業者から見積もりを出してもらう

おすすめ特集ページ