産業用太陽光発電と全量買取制度について

こんにちは、キョウです。

2012年の夏から、産業用太陽光発電の全量買取制度が始まりました。

太陽光発電というと、自分の家やビル内で使う電気を発電する、というイメージをもたれる方が多いのですが、基本的に太陽光発電は他の発電方法よりもコストがかかります。

使うために発電するメリットはあまりありません。

しかし、近年脱原発の意識が高まっていたり、環境に対する配慮もあって、太陽光発電の価値が認識されています。

そこで国がお金を出して高額で電気を買い取り、太陽光発電を普及させようと始めたのが電力の買取制度です。

全量買取制度と余剰電力買取制度

基本的には設置している建物内で電気を使い、余ったものを買い取る、つまり余剰電力買取制度が採用されていました。

しかし、10kW以上の大規模な設備に限り、余った分だけではなく発電した電気を全て買い取る、全量買取制度が進んでいるのです。

この全量買取制度は20年間の保証が付きますので、例えば1000万円で産業用の太陽光発電を導入し、毎月100万円単位で回収すれば、20年後にはそのお金が倍になって戻ってくるという計算です。

太陽光発電を投資と捉える

つまり、「屋根に太陽光発電を導入する」、というよりも、「太陽光発電事業に投資をする」、という感覚で行うことになります。

今は銀行にお金を預けていてもほとんど利息は付きませんので、それなら太陽光発電にでも投資しようじゃ無いかと考えるのは非常に賢い選択でしょうね。

ただ太陽光発電を取り巻く制度というのは年々変化していくものです。

もしかしたら、いつの間にかこの全量買取制度が無くなっているかもしれません。

そう考えると、実際にやるかどうかは置いといて、今すぐ検討だけでもしてみるというのが賢いでしょう。

産業用の太陽光発電はこちらから見積もりを出せますので、ぜひ一度見積もりをしてみて下さい。

おすすめ特集ページ