産業用太陽光発電を導入するメリットとデメリット

こんにちは、キョウです。

産業用太陽光発電を導入するとなると当然ある程度の金額が掛かりますから、メリットやデメリットは出来る限り把握しておきたいものですよね。

ということで今回は産業用太陽光発電のメリットとデメリットについて網羅的にまとめてみたいと思います。

産業用太陽光発電のメリット

まずはメリットについてです。

私が思うに、産業用太陽光発電を導入するメリットは以下のようなものがあります。

高い利回りの投資ができる

太陽光発電の利回りは、通常投資の世界だとかなり難しいと言われる10%台も割と現実的な範囲になります。

銀行に預けたり、低利率のところに投資するよりもずっとお得です。

ある程度高い利回りを安定的に出したいという場合は産業用太陽光発電を導入すると良いでしょう。

「太陽光発電を持っている!」という話のネタになる

これは案外大きなメリットで、「国債を買った」「株を運用している」「不動産投資を始めた」と言うよりも、「産業用太陽光発電を持っている!」と言った方が良い話のネタになります。

太陽光発電は他の投資よりも「環境にやさしい」という特徴があるため、人に話したときのイメージの良さは計り知れないものがあります。

個人で太陽光発電を導入する場合もそういったメリットがありますが、企業で太陽光発電事業を扱っている方にとっては企業のブランドイメージアップなどかなりメリットになるのではないでしょうか。

使わない土地や屋根を有効活用できる

使わなくなったけれどいつか必要になるかもしれなかったりあまり高く売れないなどの理由があって持っている土地があったり、大きな屋根のある建物があったりする場合は、それを有効活用することができます。

土地や屋根は大切な資産ですから、その価値を高めるようなことができるのは嬉しいことなのではないでしょうか。

売電価格が20年保証

これは家庭用太陽光発電と比較してのお話ですが、売電価格が20年保証というのがとても安心です。

家庭用の場合10年保証なので、その後売電価格がどうなるか全く分からないというリスクがありますが、産業用太陽光発電の場合はそれがありません。

高い売電価格が20年も続くのは大きなメリットです。

節税になる

これも一つ大きなメリットですが、ある程度利益が出ている企業であればその利益を太陽光発電の経費に回すことにより節税にもなります。

私は税務に関してはそんなに詳しくないのであまり突っ込んだ話ができないのですが「どうやら節税対策になるらしい」くらいで頭に入れておくと良いかなと思います。

産業用太陽光発電のデメリット

メリットに次いでデメリットの話をします。

もしかしたらメリットよりもこちらのデメリットの方が気になるかもしれないですね。

太陽光ん発電を販売している業者だったり製造しているメーカーはなかなかデメリットまで言及しないので、そういった点から考えても貴重な情報になると思います。

保証対象外の部分で設備が故障するリスクがある

産業用太陽光発電を導入する場合は、基本的に保証を付けてもらうことになると思います。

しかし、10年保証だったのに11年目で故障してしまったなんて可能性も考えられます。

それを回避しようと20年保証などにすることもできるメーカーがありますが、その分価格は高くなるでしょう。

多大な初期費用がかかる

産業用太陽光発電を導入する場合は、もちろんそれなりの費用がかかってしまいます。

通常企業であれば今行っている事業に投資したり、新規事業に投資をして収益をふくらませていくと思いますが、太陽光発電にお金をかけてしまうとその分のお金がなくなることになりかねません。

ある程度金銭的な余裕がない場合は、無理して太陽光発電にお金を使うよりも今の事業に投資した方が最終的な利益は大きくなるかもしれません。

ただ、太陽光発電には専用の超低金利ローンがあるので、それをうまく利用することで初期費用の問題は解決可能です。

悪徳業者が多い

これは私だから分かる話ですが、現実問題として太陽光発電の業者は悪徳業者が本当に多いです。

太陽光発電は継続的ではなく買ったときにお金を払いますので、業者側からすると売ったモン勝ち的なところがどうしてもあるのです。

ですからなんとか上手いこと言って契約させようとしたり、相場よりずっと高い金額で見積もりを出して来る割には、「今だけこの価格です!」と煽ったり。

そういう罠に引っ掛からないためにも、見積もりは必ず複数の業者で相見積もりしてもらいましょう。

yajirushi3-2一括見積もりを使って複数の業者から見積もりを取る

おすすめ特集ページ