太陽光発電体験談 | 鳥取県境港市-米子ガス-シャープ

smiledogさん/30代男性

家を新築する際に、東日本大震災の後だったこともあり、オール電化の計画をガスと併用するタイプに変更することにし、エネファームと一緒に太陽光発電を導入することに決めました。

太陽光発電に関しては、地域的に4k以上のパネルをのせないと効果が無いということでしたので、4kのパネルを設置することにしました。

実際に住み始めて、日中の天気の良い日はホントにガンガン発電をしており、発電量を見るのが楽しかったりします。家の中の家電が太陽の力で動いていると思うとなんだか不思議な気持ちと自然のパワーを感じます。

エネファームと併用していることもあり、買い取り価格が通常の48円より安い金額に設定されていることが不満ではあります。

ガス代(プロパン)と電気代を年間に換算すると光熱費としては月12000円くらいの出費になるかと思います。

電気代としては毎月おつりがくるくらいにまかなわれているのですが、ガス代分を上回って回収出来るのは夏の2ヶ月くらいです。

冬にはガスの床暖房とガスヒーターなど併用しているためかなりのガス代がかかっていますが、電気代については併用しているおかげてほとんどかかりません。

もしもの時に備えるにしても太陽光発電からのサービスコンセントとガスの両方があるのでなんとかなるかな。と、思っています。

おすすめ特集ページ