太陽光発電の価格が下落するとともに、売電価格、補助金額も下落する理由

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を検討する上で気になるのが、

「どのタイミングで設置するのが一番良いの?」

ってことだと思います。

ということで、補助金売電がこれからどうなっていくのかということも含めて考えてみたいと思います。

補助金や売電の価格は変動する

これから太陽光発電の価格が下がっていったりだとか、

売電の価格、補助金の額だって時代によって変動してきます。

その中で、設置するタイミングがいつにるべきなのか迷いますよね。

ただ一つ言えるのは、太陽光発電の価格が下落すると、売電の価格も補助金の額も同時に下がっていくということ。

なぜなら、売電、補助金といった制度は、太陽光発電の普及を促進するための制度であるからです。

太陽光発電の価格が下がり、発電効率も上がってくれば、補助金、売電といった制度が無くても自然と普及していきますよね。

つまり、太陽光発電の性能が高まってくればくるほど、それを補助するシステムは弱まってきます。

もう少し安くなってから設置・・・にはあまりメリットが無い

ですから、これからどんどん太陽光発電のメリットが高まってくる事は無いでしょう。

逆に、これから太陽光発電への期待が無くなり、性能は高まっていないのに補助システムは弱まるなんてことは十分に考えられます。

どうせ設置するのなら、少しでも早いほうがその恩恵を受けやすいのが太陽光発電なのです。

タイミングを考えるなら今が一番だと言えるでしょう。

参考:太陽光発電の買い時は、皆が買い時だと思っていないタイミング

参考:太陽光発電の導入量が増えてきた時に起こること

参考:今まで太陽光発電の価格がどう推移してきたのかを知り、今後を予測してみる

参考:太陽光発電の今後の需要を予測してみる

おすすめ特集ページ