太陽光発電の価格は今後どうなっていくのか?

こんにちは、キョウです。

今回お話したいのは、太陽光発電の価格変動について。

おそらく太陽光発電の設置を検討するときにどうしても気になってしまうのが、

「設置した直後に急に安くなるんじゃないか?」

ということだと思います。

実際のところ、太陽光発電は今後どうなっていくのでしょうか。

キョウが考える今後の価格予想

今後を予想するにあたって、考えるべきなのが今までの歴史です。

太陽光発電が普及し始めたのは10年くらい前だと思うのですが、10年前から今までの価格変動を見ていくと今後の価格変動も予想できるのですね。

ちなみに、現在の太陽光発電の価格は10年前の約半額になっています。

10年前が1kwあたり100万弱くらいだったのが、現在は1kwあたり40万弱くらいです。

参考:太陽光発電は1kWあたりの価格で考えよう

と、考えると、このままいけば今から10年後にはさらに半額になるでしょう。

 

価格は需要と供給のバランスで決まる

当たり前過ぎる話ですが、価格っていうのは需要と供給のバランスで決まります。

ということは、ですよ。

価格が下がるときは、需要も下がっているということになります。

太陽光発電は金銭面以外にあまりメリットがないものなので、価格が下がっているということは金銭的メリットが下がっているということです。

補助金や売電の制度が弱まるのかもしれないし、他にもっと良いものが出ているのかもしれません。

いずれにせよ、価格が下がるのを待つ意味はあまり無いでしょう。

参考:太陽光発電の買い時は、皆が買い時だと思っていないタイミング

参考:今太陽光発電を設置するメリットはあるのか?

参考:太陽光発電の今後の需要を予測してみる

参考:太陽光発電の価格が下落するとともに、売電価格、補助金額も下落する理由

おすすめ特集ページ