太陽光発電とオール電化の相性はどのくらい良いものなのか?

こんにちは、キョウです。

今回は、太陽光発電と相性が良いと言われているオール電化についてお話しようと思います。

一般的に、太陽光発電とオール電化は相性が良いと言われているので、それについて知っている人は多いと思います。

しかし、どういう仕組みで太陽光発電とオール電化の相性が良いのかはあまり知られていないような気がするので、その点を明らかにしていきましょう。

まず言っておきたいのが、太陽光発電で発電した電気をオール電化で使えるからお得!ってわけではないって事です。

太陽光発電を使って発電した電気は、自分の家で使うよりも売った方がお得なので、基本的には売ってください。

じゃあなぜ、太陽光発電とオール電化との相性が良いのかというと、ヒントは「深夜電力」にあります。

オール電化にされている家ならば、殆どの場合この深夜電力を利用しているはずです。

どういう仕組みかというと、夜間の電力を通常より安く、その分昼間の電力を高くする契約にすることで、夜間に電気でお湯を作って溜めておく形にしているんです。

そして、昼間はできるだけ電気を使わないようにします。

太陽光発電は、昼間に高くなった電気を抑えるのに使うことができ、発電しない時間帯は深夜電力の安い電気が使えるということなんです。

そういう仕組みで太陽光発電とオール電化は相性が良いんですね。

おすすめ特集ページ