太陽光発電にある、たった1つの問題点

こんにちは、キョウです。

段々と普及が進んできた太陽光発電ですが、1つ大きな問題点があると思っています。

その問題点とは何なのか?そしてどうすればその問題点を解決出来るのか?ということについて今回は考えていきたいと思います。

お客さんに近い人ほど、儲からない仕組み

話が業者目線になってしまうので、もしかすると読んでくださっているあなたにとっては興味深くないのかもしれないですが、そういった事も知っておくと安く設置するのに役立つので読んでもらえたと思います。

どういうことかというのを説明します。

まず、太陽光発電は

・メーカー

・施工業者

・販売業者

・歩合制の営業マン

大まかに分けるとこれだけの人、業者がいて初めてあなたの元へ届きます。

立場的に一番強いのは、メーカーです。

メーカーが許可を出してくれないと、施工も販売も営業もすることはできません。

なので、メーカーが一番儲かるようになっています。

もちろん施工業者、販売業者も儲けないとやっていけません。

けど、太陽光発電って売れたり売れなかったりとあまり安定しないという実情があります。

なので、歩合制の営業マンを雇うのです。

売れたら、給料に還元。

売れなければ、給料はコンビニアルバイト並。

もしくは、1件数十万円で完全歩合制。

こうすることで、ある程度安定して施工業者、販売業者も儲かる仕組みができます。

営業マンは歩合制なので必死です。

1件でも多く契約を取らないと、家族を養っていくどころか自分の生活すら危うくなってしまいます。

なので、何としてでも売らなければいけないのです。

しかも、安く売ってしまえば歩合が減るので高く売る必要があります。

そんなこんなで高く売られたお客さんは、悪評を広めてしまいます。

その営業マンが無理やり高く売ったのが問題なのに、あたかも太陽光発電自体が良くないかのような話を広めてしまうのです。

そして、どんどん売れなくなってしまう。

こんな負のサイクルが現実に起きています。

 

おすすめ特集ページ