太陽光発電のシェア1位メーカーは?

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置するにあたってメーカーをどれか一つに決めなければいけないわけですが、正直どれも大差なくて選ぶのに困ると思います。

今回は、その一つの指標として参考になるシェアについてお話しようと思います。

シェア1位がどのメーカーなのかということについては、世界のシェアと日本のシェアがあるので両方お伝えします。

まず、日本のシェアです。

太陽光発電のシェアランキングは結構動きがあるのですが、2010年はシャープが1位です。

2位が京セラ、3位が三洋、4位が三菱電機と続きます。

これらの4メーカーがシェアの90%以上を占め、後のメーカーが残りの10%くらいを奪い合っている状況です。

パレートの法則といって2割の人が8割の富を占めるというものがありますが、太陽光発電のシェアについても同じような事が起きてますね。

加えて世界のシェアですが、2010年の時点で1位は中国のサンテックです。

ちなみに日本のシャープは8位に入っています。

上位はほとんど中国メーカーが占めており、中国の勢いの良さが良くわかります。

日本のメーカーっていうのは世界から見るとそこまで強くないのですね。

おすすめ特集ページ