太陽光発電の費用対効果を計算する方法

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置する前に、どれくらいの費用対効果があるのかは知っておきたいですよね。

もちろん不確定な要素が大きいのではっきり出すことはできませんが、ある程度計算するための考え方はあると分かりやすいと思います。

ということで、今回は太陽光発電の費用対効果を計算する方法についてお話しようと思います。

太陽光発電を設置してかかる費用は

太陽光発電の設置費用太陽光発電のメンテナンス費用(パワーコンディショナの修理代金など)が主な費用です。

そして、あとから回収できる効果、光熱費の節約と、売電(余剰電力買取)で得た収入の2つです。

あと重要なのが、太陽光発電がどれくらいもつのかということと、売電単価が今後いくらになるのかということです。

確実なのは保証の部分。

パネルのメーカー保証はそれぞれのメーカーごとに変わりますが10年、20年くらい。

売電の保証は10年です。

つまり、確実に分かる費用対効果は

(年間光熱費節約額+年間売電収入)×10-(設置費用+メンテナンス費用)

です。

で、×10の部分は家庭によって変わってきます。

光熱費節約が年間3万円、売電収入が20万円、設置費用が200万円、メンテナンス費用が30万円だとすると、費用対効果は0ですね。

もう少し設置費用が安くなったり、使える年数が増えたりするにつれて利益が出るという形です。

家庭によって変わってくる部分に関しては、こちらから一括見積もりをしてみてください。

太陽光発電の一括見積もりはこちら

おすすめ特集ページ