太陽光発電の設置面積はどれくらい必要なのか

こんにちは、キョウです。

もしあなたの家の屋根が複雑な形をしていたり、屋根の面積が小さかったりするのであれば太陽光発電が設置できるのか疑問に思うと思います。

ということで、太陽光発電の設置面積はどれくらい必要なのかについてお話しようと思います。

以前と比べて現在はパネルのサイズが色々あります。

長方形のパネルもあれば、台形のパネルも用意されています。

なので、ある程度形が複雑な屋根や小さな屋根でも設置は可能です。

ただ、設置すればそれで良いのか?というとそういうことにはならないと思います。

設置したパネルの数が少なくてもパワーコンディショナなど必ずかかる固定費用があるので、少なければ少ないほど費用対効果が悪くなります。

つまり、「必要な設置面積」はそこまで敷居が高くなくても、「費用対効果が高くなる設置面積」はある程度必要になってきます。

なので、設置可能かどうかというよりも費用対効果が取れるだけの設置面積が用意できるのかという視点で考えてみると良いと思います。

 

おすすめ特集ページ