太陽光発電の損得を分ける3つの要因

こんにちは、キョウです。

太陽光発電は、必ずしも得になるかと言えばそうでもありません。

もちろん、損をすることもあるでしょう。

では、損得を分ける要因というのはなんなのでしょうか。

ということで、今回は損得を分ける3つの要因についてお話したいと思います。

細かい事を言えばもちろん様々な要因があるのですが、大きく分けるとこの3つです。

長期的な視点を持っているか

太陽光発電を設置するならもちろん長期的な視点が必要です。

10年後に住まなくなるような家に設置しても、損をするだけでしょう。

適切な家に設置したか

例えば、屋根にほとんど太陽光が当たらないような家に設置してもダメですし、屋根の形が複雑になっていたり出窓が多かったりと設置しにくい場合もダメです。

通常より設置金額が高くなったり、発電量が下がってきたりします。

これは実際に専門家の人から見てもらわないと分からない部分もあるので、しっかりと調べましょう。

安い業者を見つけられるか

高い業者で設置するのと、安い業者で設置するのでは大きく変わってきます。

元を取るのにかかる時間が数年早くなったりもします。

かならず安い業者を探しましょう。

yajirushi3-2一括見積もりを使って安い業者を探し元を取るまでの時間早める

おすすめ特集ページ