太陽光発電を設置してクレームになった事例

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置した人の中には、満足が出来ずクレームを出す人もいます。

はっきり言ってしまえば、自分で大した調べもせず、業者まかせにしてしまった事が問題なのです。

太陽光発電の業者なんてとにかく売りたいというのが本音なのですから、言う事を全て鵜呑みにしてしまうのはどうかと思います。

賢い人は、そういった事も事前に調査して、自分で調べてから設置をします。

ということで、どんなクレームがあったのかを一つ知ってもらい、賢い選択をしてもらえるようになってもらいます。

私が働いていた会社では、社員のスケジュールが1つの画面で管理できるようにGoogleカレンダーを使っていました。

普段はお客さんの見積もり依頼なんかを書いてあるのですが、ある日、そこに「クレーム」っていうものが書き込まれていたのです。

内容を見てみると、「雪が積もりすぎて試算通り発電していない」ということでした。

その年は記録的な豪雪があったためです。

予想していない自然災害があったということですね。

これから学べる事は、予測できない事は起こりうるという前提で設置を考えなければいけないということです。

予測できないことまで、業者はわざわざ教えてくれません。

自分で情報収集すること、業者に頼りきらないということが大切です。

おすすめ特集ページ