太陽光発電のランニングコストはどれくらい?

Q.太陽光発電のランニングコストはどれくらい?

A.場合によりますが、心配するほどかかるものではありません。

太陽光発電の最も大きな特徴としてあるのがメンテナンスフリーです。

一度設置してしまえば、その後大きなランニングコストがかかってくることはありません。

ただ、全くかからないと言えば嘘になります。

0円でありません。

例えば、太陽光発電を稼働させるための電気代。

発電をするために電気が必要なので、そこまで大きな金額ではありませんが電気代がかかります。

その電気は太陽光発電で発電した電気ではなく、電力会社から買った電気となります。

それと、設備が故障したときの修理代、交換代です。

パネル自体が壊れることは滅多にありませんが、パワーコンディショナについてはパネルより寿命が短いので取り替える必要が出てくる可能性があります。。

これが20~40万円くらいかかるので、それをランニングコストとして考えるのであればそのくらいはかかると言えます。

業者によってはこの事をしっかり伝えてくれない場合があるので、必ず頭に入れておきましょう。

ただ、ランニングコストも、初期費用も、どのくらいお金が必要なのかはそれぞれの家で違うものです。

こちらの太陽光発電一括見積もりを利用して実際のランニングコストを出してみてください。

yajirushi3-2一括見積もりを使って実際のランニングコストを調べて見る

おすすめ特集ページ