太陽光発電は災害時の電源としても役に立つってホント?

こんにちは、キョウです。

最近は以前と比べて地震が起こる回数が増えてきたような気がしますね。

地震が起きると同時に起こるのが停電です。

地震などの災害が起こると、よくテレビのワイドショーなどで停電に困っている人たちの様子が映し出されます。

それを見ると、いざ災害が起こったときの対策はしておこうかなと思うものです。

そのひとつとして思い浮かぶものに太陽光発電があります。

太陽光発電が設置されることにより、停電時でも自家発電で電気を使うことができるようになります。

しかし、一つ注意しておきたいことがあります。

太陽光発電が満足に発電してくれるのは、晴れた昼間だけということです。

夜、最も電気を使いたくなるときは太陽光で発電することができません。

つまり、太陽光発電を設置したからといって災害時の電源になるわけではないということです。

もちろん、晴れた日の昼間に電気を使うことはできますけどね。

過度な期待は禁物ということです。

太陽光発電を設置するのは、純粋に利益の為に設置するのが良いでしょう。

もしあなたが太陽光発電の設置を検討し、業者を呼んだ落としましょう。

そのときに、「太陽光発電を設置すれば災害時の電源として使えますよ!」と言われたとしたら、業者はあなたを騙そうとしている可能性が高いです。

おすすめ特集ページ