太陽光発電は不動産投資である

こんにちは、キョウです。

太陽光発電というと、「光熱費節約」「エコに貢献」みたいな言い方をされるので、なんとなく気軽に設置してしまう人も多いです。

電話営業や訪問販売で聞いた話をそのまま鵜呑みにして、そのまま契約してしまう人のなんと多いことか。

ですが実際の太陽光発電は、「不動産投資」だと私は思っています。

マンションやビルを買ったりするのと同じ感覚です。

土地は「家の屋根」というものをすでに持っているのだから、そこに発電所を設置して電気を売って儲けようというのが太陽光発電の本質です。

けれど、太陽光発電というとなんとなくクリーンな気がして大した勉強もせずに設置してしまうんでしょうね。

不動産投資には知識が必要です。

何も知らない情報弱者は搾取されます。

マンションを買わされて騙されたって聞くと良くある話ですが、太陽光発電で騙されたというとおかしな話に聞こえるんですね。

ですが、実際太陽光発電の設置を進められて断れず、高額で契約をしてしまう人が後を断ちません。

太陽光発電の業者も、そこまで優しくはないです。

ですので、「自分で」知識を身に付けて太陽光発電を検討するという意識が大切になってきます。

 

 

おすすめ特集ページ