太陽光発電の今後の需要を予測してみる

こんにちは、キョウです。

太陽光発電の設置を検討するなら、長期的な視野を持って考えると思います。

となったときに考えるのが、太陽光発電を取り巻く環境が今後も同じように続くかどうかということですよね。

今回は、太陽光発電の需要という視点で考えてみたいと思います。

まず、太陽光発電の需要というのは、現在の段階では二次曲線的に伸びていると言えます。

これからも、どんどん需要は増して行き、普及率も高まるでしょう。

ただ、需要がある程度増えたときには、今ある売電、補助金の制度は弱まってくることが考えられます。

普及率を上げる事が目的の制度なので、それが済んだら用無しということです。

そして、需要の伸びもある程度のところで頭打ちになり、下がってくるでしょう。

太陽光発電は一家に一台しか設置できないですからね。

新築の家への設置という形にしかならなくなる日が来ます。

そうなったとき、太陽光発電の需要と供給のバランスが崩れます。

価格もおもいっきり下がると思います。

ただ、供給が増して価格が下がるということは、それに伴って売電、補助金の制度は消えていくと思われます。

その時に設置をするのが得かと言えば、そうでもないだろうなというところです。

ただ、今後の予想はあくまでも予想に過ぎないので、「何が起こるかは分からない」という前提で設置を検討するのが健全な考え方だと思います。

 

 

おすすめ特集ページ