太陽光発電のメーカー各社を比較する意味

こんにちは、キョウです。

設置する太陽光発電のメーカーは、ある程度現実的に選択肢に入るものだけでも10社以上あります。

しかし、太陽光発電のメーカって、比較する意味があるほどのものなのでしょうか。

コモディティ化していてどれも同じなのではないでしょうか。

ということで、今回は太陽光発電のメーカー各社を比較する意味について考えてみようと思います。

そもそも、太陽光発電のメーカーによる違いはあるんでしょうか。

私が思いつく限りの要素をあげてみます。

  • 出力
  • 保証
  • デザイン

 

・・・・・

うーん思いつきません。

私の理解が足りないと言われるとそうかもしれないのですが、太陽光発電のメーカー各社の違いなんて、ほとんど無いのではないでしょうか。

これはテレビなどの家電とすごく似ていますね。

各社が技術を競い合い、価格を競い合った結果どれも同じものになってしまう。

成熟社会となった現代では、こういうことで競争するのは厳しいものですね。

つまり、メーカーを色々と見ても、結局どれも同じなので悩むだけ無駄なのです。

逆に、何かメーカーにこだわると選択肢が狭まるので、

「どれでもいいや」

くらいのテンションで考えるのがベストでしょう。

私としては、消費者と近い存在となる販売業者こそこだわって選ぶべきだと思います。

業者はメーカーと違って、そこまで価格競争をしていません。

だって、あなたのようにインターネットを見ていない人からすれば、業者を比較する手段なんてほとんど無いですからね。

とりあえず近所の業者にすれば良いやとなりがちです。

なので、販売業者は価格を下げる努力をしていないところが多いのです。

ネットの一括見積もりサイトなどを使えば、価格を下げる努力をしている業者だけを1分の入力で一括見積できますので、とっても便利ですね。

おすすめ特集ページ