太陽光発電を概要で説明

こんにちは、キョウです。

今回は、「太陽光発電って何?」って人向けに、太陽光発電はどんなものなのかを概要で説明してみたいと思います。

まずは概要を知らないと何も動けないですからね。

大雑把に言うと、太陽光発電は不動産投資です。

自分の家の屋根に、小さな発電所を作るようなイメージとなります。

最初に200万円かけて設備を作り、年間20万円ずつ発電した電気を売っていき、20年後には400万円になっているみたいな状態が理想です。

発電して使わなかった電気は高く売れるので、自分で使うよりも売るのが基本です。

国や地方自治体からの補助金も充実しており、社会的に太陽光発電の普及は促進させている状態です。

ただ、家の屋根大きさや形、地域の日照条件などによっては設置に向いていない場合もあります。

それを調べるため、設置前に見積もり、試算を取って、良さそうであれば設置を検討してみるような流れです。

もし興味があるのであれば、このサイトで色々情報を集めつつ、もし良さそうであれば設置を検討してみたら良いと思います。

太陽光発電は、製品の能力自体というよりもそれを取り巻く制度(売電・補助金など)によって支えられているものなので、何も知らずに設置するのは失敗の元です。

他の投資と同じで、少しでも良いのでちゃんとした知識を身に付ける事ができれば、かなりの利益が出せると思います。

おすすめ特集ページ