太陽光発電と屋根勾配の関係

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を家庭に設置するのであれば、ほぼ家の屋根に設置することになると思います。

ただ、屋根の形というのは家によって様々なので、それによって設置方法が変わってきたりもします。

今回は、その中でも屋根勾配という観点から太陽光発電についてお話しようと思います。

屋根勾配よりも重要なのは、太陽光からの角度

屋根勾配というのは地面と比較してどのくらい傾斜があるのかという概念ですね。

ただ、太陽光発電に地面からの角度はそこまで関係ありません。

重要なのは、太陽光を垂直に浴びることができるのかという点です。

屋根勾配が急すぎていたとしても、太陽光を垂直浴びせられるならOKですし、その逆では良くありません。

例えば、面が北側に向いている片流れ屋根のような場合だと設置は困難ですが、南向きなら絶好と言えるでしょう。

特に屋根勾配が大きかったとしても、設置が難しくなったりすることはほとんどありません。

屋根勾配が0、つまり陸屋根の場合は架台が必要になります。

おすすめ特集ページ