太陽光発電業者は今日もせっせとモニター募集

こんにちは、キョウです。

先日私の家に、私が以前働いていた会社から営業の電話がきました。

内容は勿論太陽光発電のモニター募集です。

まあ今日も頑張ってるなって感じですね。

モニター募集といって怪しむ人は怪しむと思いますが、それを魅力的に感じて騙されてしまう人もいます。

騙される人がいるから、騙す人がいるのです。

彼らだって、騙したくて騙しているわけではないでしょう。

そっちの方が売上が上がるからやっているというだけのことだと思います。

ですから消費者は必ず知識を持たなければならないし、業者が消費者を騙そうとしているということを知っておかなければなりません。

そして、ちゃんと対処しなければなりません。

モニター商法のような明らかに胡散臭い情報を信じて、後から

「騙されたー!」

って言っているようではダメなのです。

そんな考え方だから騙されるんだよっていう事になってしまいます。

あと一つ、電話営業というのはかなりコストがかかりますので、それを軸にマーケティングを行っている会社はまず安く買えないと思ってください。

どのくらいコストがかかっているかというと、成約1件あたり15~20万円くらいかかっています。

ネットに広告を出している業者だったり、一括見積サイトに登録している業者であればここまでマーケティングコストはかかっていないはずです。

自分で広告を見て、ちゃんと調べて買っている人はその分安くなりますし、電話営業に乗せられてしまう人はその分高く買う事になります。

まあ、ちゃんと相見積もりを取って比較をすれば、電話営業をしてくる業者の設置価格が高いのは明らかなんですけどね。

そのあたりをちゃんと理解した上で、太陽光発電の設置を検討したいものです。

おすすめ特集ページ