太陽光発電システムが時代とともに高効率になってくると・・・?

こんにちは、キョウです。

太陽光発電の今後について以前の記事でも書きましたが、太陽光発電が将来どうなっていくのかという部分は気になってくる部分だと思います。

で、今後太陽光発電システムがどんどん高効率になっていくことが予測されているわけですが、そうなると太陽光発電を取り巻く環境がどう変わっていくのかについて書いていこうと思います。

太陽光発電電の価格が安くなったら補助金や売電がどうなるのかはこちらに書きましたが、価格が下がるにつれ売電や補助金の金額も下がってくるので後で安くなったら設置しようと思う必要はありません。

同じように太陽光発電が今後時代とともに高効率になってくると、1つの家庭あたりが発電する電機の量が増えてきます。

そして、それと比例して売電収入も増えてきてしまうので、ある程度増えたら売電単価を下げる動きが働きます。

売電のお金も太陽光サーチャージで国民から集めているお金なので、できることなら国はこの額を減らしたいはずなんです。

ですから、今設置するより後から設置した方がお得なんじゃないかと思う必要はありませんので、もしそこを心配しているのであれば勇気を出して見積もりを取ってみてください。

おすすめ特集ページ