太陽光発電は雪が積もる地域だと使えないのでしょうか?

Q.太陽光発電は雪が積もる地域だと使えないのでしょうか?

A.まったくそんな事はありません。

雪がたくさん積もる地域でも設置は可能です。

太陽光発電のパネルは、基本的に太陽に向けて斜めに設置することになります。

もちろん雪が降っている最中は発電しませんが、晴れてくると雪が溶けて落ちてくるような仕組みになっています。

夏と比べると発電量は落ちるものの、それなりの発電量があるのは事実です。

加えて、気温が低い地域は高い地域と比べて発電効率が高まるため、実は積雪地域の方が発電するなんてこともあります。

東京よりも札幌の方が年間の平均発電量は多いです。

イメージとして「雪が降る地域で太陽光発電なんて無理なんじゃないか?」とも思われがちですが、そうでもないのです。

おすすめ特集ページ