切妻屋根とは?

220px-Gable_roof.svg

こんにちは、キョウです。

切妻(きりづま)屋根とは、このように面が2つあるタイプの三角屋根です。

おそらく日本では最もスタンダードなタイプの屋根ではないでしょうか。

今回は、このタイプの屋根の特徴についてお話しようと思います。

このタイプの屋根に太陽光発電を設置する場合、太陽が当たる南側の屋根にパネルを設置する事になる場合がほとんどです。

つまり、屋根全体にパネルを設置することができなくなるので、多少設置範囲は小さくなります。

しかし、架台を設置することなく太陽光を垂直に受けられるので、コストパフォーマンスは高くなる場合が多いのも切妻屋根の特徴となります。

屋根が東西に傾いている切妻屋根の場合は設置範囲がかなり広くなります。

しかし、太陽光に対して垂直にはならないのでコストパフォーマンスは若干落ちるでしょう。

同じ切妻屋根でも、南北に傾いているのか、東西に傾いているのかで多少設置の要領が変化してきます。

おすすめ特集ページ