太陽光サーチャージ(太陽光発電促進付加金)とは?

こんにちは、キョウです。

電気料金の請求書の下の方に、「太陽光サーチャージ(太陽光発電促進不可金)」というものがあるのはご存知でしょうか。

見てみると毎月数円程度のお金が請求されているはずです。

今回は、これについて解説してみたいと思います。

太陽光発電を設置して発電すると、余った電気を電力会社に売る事ができる売電制度というものがあります。

通常電気を買うよりも高く売る事ができるわけですが、そのお金ってどこから出てくるのでしょうか?

これが、太陽光サーチャージなんですね。

太陽光発電を設置した人が発電した電気は、基本的に近所の家庭に共有されます。

なので、その電気代はみんなで払いましょうよという仕組みになっているわけですね。

勝手に課金されてしまっているため、「納得がいかない」という意見もかなり出てきています。

実質的には「電気代の値上げ」ですからね。

太陽光発電で発電した電気は通常火力や原子力で発電した電気よりもコストがかかるので、それを使うのに費用がかかるのは仕方ないことではあます。

ちなみに、これは太陽光発電を設置した人も払うことになります。

 

おすすめ特集ページ