多結晶シリコン太陽電池とは?

こんにちは、キョウです。

太陽光発電のパネルは種類が2つあります。

単結晶と多結晶です。

今回は、多結晶シリコン太陽電池の方についてお話したいと思います。

単結晶についてはこちら

多結晶シリコン太陽電池とは、太陽光発電のモジュールで使われるシリコンの性質を表す言葉です。

多結晶のものは小さい結晶をたくさんちりばめてあるタイプのものを言います。

単結晶と比べて質は落ちるので発電量は下がりますが、その分価格は安く抑えることができるようになっています。

小さい屋根にちょこんと乗っけるよりも、ビルの屋上など広いスペースがある場合に効果的です。

まあ、一言で言えば「安物」のモジュールです。

一般的な家庭では単結晶での設置が多いため、業者によっては単結晶のみしか扱っていない場合もあります。

どちらか迷うのであれば、こちらの単結晶の方にしておけば間違いないでしょう。

 

 

おすすめ特集ページ