単結晶シリコン太陽電池とは?

こんにちは、キョウです。

前回、太陽光発電のモジュールには2つあるということをお話しました。

単結晶と多結晶があり、多結晶のことを説明しましたね。

ということで、今回は単結晶の方を説明したいと思います。

単結晶シリコン太陽電池は、その名の通りモジュールに付いているシリコンの結晶が1つの大きなもので構成されているものを言います。

大きなものを用意して貼り付けるのにコストがかかるので、多結晶のものと比べると価格は高くなりますが、発電量は多くなります。

あまり屋根の大きくない一般家庭向きのモジュールですね。

多結晶と比べて単結晶は気温が高くなった時の発電量が下がりにくいので、安定性が高いと言えます。

いわゆる「高級」なモジュールです。

最近は多結晶よりも単結晶を設置する家が多いので、主流はこちらだと言えます。

お客が皆単結晶を選ぶので、最初から単結晶しか用意していない業者も多いですね。

どちらを設置すべきか迷うのであれば単結晶で間違いないでしょう。

おすすめ特集ページ