パワーコンディショナとは?

10B06091_01_880x660こんにちは、キョウです。

太陽光発電に欠かせないのがパワーコンディショナという装置です。

エアーコンディショナをエアコンと呼ぶように、パワーコンディショナもパワコンと呼びます。

あまり聞きなれない言葉なので、このパワーコンディショナがどういうものなのかというのを今回はお話しようと思います。

太陽光発電で発電した電気は、直流と言ってそのままでは家庭用として使えない性質を持っています。

これを交流という家庭用に使える電気に変換してくれる装置がこのパワーコンディショナなのです。

それなりに価格が高く、20~40万円ほどとなっています。

パネルよりも寿命が短いので、どこかで交換するタイミングが来る可能性があります。

なので、このパワーコンディショナ代金も含めた上で試算を考える必要があります。

1点気をつけたいこととしては、パワーコンディショナで電機を変換するときに電気が少し消耗してしまうということです。

変換効率という言葉を使うのですが、これが100%ではなく90~97.5%程度となります。

なので、大きな太陽光発電システムを導入する場合はこの変換効率も注意して考えたいところです。

おすすめ特集ページ