太陽光発電にある向き不向きはどういう基準なのか

こんにちは、キョウです。

太陽光発電は自然エネルギーなので、外部的な要因によって発電量が左右されてしまいます。

なので、太陽光発電を設置する前にその家が向いているのか向いていないのかを知っておく必要があります。

ということで今回は、向き不向きの基準をまとめておきますので参考にしてください。

要素1、天候

太陽光発電は文字通り太陽の光が必要ですので、太陽光がどれくらい当たるのかが重要な要素です。

地域によって晴れが多い地域、雨が多い地域などがありますので、それによって発電量が変化してきます。

ただ、日本であればそこまで不向きな地域はほぼありませんので、そんなに心配しなくても大丈夫です。

要素2、屋根の形

太陽光発電を設置するのはほとんどの場合家の屋根になるはずです。

家の屋根にうまい具合に太陽光があたるのかというのも重要な要素になります。

屋根の面が南側に傾いていて、かつ免責が広いと最高です。

デザイン性がを高い複雑な屋根の場合、パネルがあまり設置できない場合があります。

要素3、屋根の状況

屋根の状況というのは、老朽化しているかどうかであったり、材質がどのようなものかということです。

場合によっては屋根の補強工事が必要になる場合があったり、特殊な方法での施工が必要になる可能性があります。

そうなると費用が高くなるので、元を取るまでに時間がかかるかもしれません。

おすすめ特集ページ