【第四回】設置費用を安くするコツ【太陽光発電ガイドライン】

こんにちは、キョウです。

前回は太陽光発電を設置することにより得られる利益についてお話しました。

今までの記事をまだ見ていない方はこちらからどうぞ。

【第一回】はじめに【太陽光発電ガイドライン】

【第二回】設置のコスト【太陽光発電ガイドライン】

【第三回】利益について【太陽光発電ガイドライン】

では、今回は太陽光発電の設置費用を安くするコツについてお話していきたいと思います。

設置費用が安くできるってホント?

本題に入る前に一つ。

太陽光発電の設置費用を安くすると言ってもあまり実感が分からないのではないかと思うので言っておきます。

日本人はあまり交渉するということをしない人が多いですが、太陽恋発電のように言い値買い値の取引では交渉が役に立ちます。

業者にとっても、多少安くしてでも売った方が得なので、多少の交渉であれば受け入れてもらえる可能性が高いです。

 

安くするコツ

じゃあ安くするにはどうするのかというと、

一つは業者の比較をするということです。

どのメーカーにするかを一生懸命比較する人は多いのですが、業者を比較する人はあまりいないのが現実です。

しかし、こちらでも解説したようにメーカーの比較よりも業者の比較の方が大事ですし、そのほうが設置費用が安くなります。

もう一つは、安く設置をしたいという意思を示すということです。

これはとっても簡単な事であり、非常に重要なことです。

安く設置しようとする意思を見せなければ、営業マンは強気の見積もりを出してきます。

なので、安く設置したいという意思は確実に示しておきましょう。

具体的には、見積もりを取る前に

「いろんなメーカーで比較して一番安いところで設置をしたいので、即決するつもりは無いのですけど大丈夫ですか?」

と聞いておくなどですね。

以上、設置費用を安くするコツでした。

ちなみに太陽光発電の設置費用はこちらで一括見積もりを取ることができます。

太陽光発電の一括見積もりはこちら

次回は最終回ということで、太陽光発電を設置するのに向いている家と向いていない家について解説したいと思います。

⇒【第五回】向き不向きについて【太陽光発電ガイドライン】

おすすめ特集ページ