太陽光発電の設置費用が高くなればその分利益は安くなる

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置するのであれば、もちろんある程度の利益を出したいはずです。

設置費用が200万円だったとするならば、10年で元を取って20年で100万円の利益を出すくらいが理想のラインでしょう。

しかし、もちろんの事ですが設置費用が高くなるほど利益というのは安くなります。

設置費用を安くする事が一番大事

20年で300万円の収入が入ったとしても、設置費用が300万円であればあまり設置するメリットは無いですよね。

つまり、太陽光発電で利益を出せるかどうかというのは設置費用をどれだけ安く抑えられるかということなのです。

太陽光発電を商売として考えている人はあまりいないと思いますが、これも一つの小さな商売です。

家の屋根に発電所を設置して、それを経営するという感覚を持つというのが重要になります。

商売の基本は「安く買って、高く売る」ですから、高く買うというのがそもそも問題なのです。

ネットを見てみると、

「太陽光発電を設置しましたが元を取るのに20年かかるみたいです・・・。」

みたいな人をたまに見ますが、これははっきり言って高く買ってしまっているだけです。

設置をする時点で失敗しているとしか言いようがありません。

ですので、利益を出すためには最初の設置費用を安く抑える必要があります。

むしろこれさえできれば後はもう設置するだけです。

どうすれば設置費用を安くする事ができるのか

設置費用を安くするためにやるべきことは、単純に安い業者を探すだけです。

1社の見積もりだけで決めてしまうというのは、業者の裏事情を知っている私からすれば論外中の論外です。

だって業者側からしても、1社で決めてくれる人に対しては「高く売っても良いや」となってしまいますからね。

太陽光発電の一括見積もりサイトなどを利用し、複数の業者で相見積もりするのは絶対に欠かさないでください。

太陽光発電を相見積もりするならこちら

おすすめ特集ページ