太陽光発電を設置することでデメリットが生まれるのは、「騙された」からでしかない

こんにちは、キョウです。

ちょっと過激なタイトルを付けてみました。

太陽光発電を設置する前にデメリットを気にされる方は多いと思います。

実際それなりに高額商品ですので、失敗するのは怖いですしね。

ただ車などの消費物と違って太陽光発電は投資ですので、お金を掛けた分のお金はあとから戻ってくるものです。

事前に試算・見積もりだって出してもらうわけですから、デメリットが生まれるのは「騙された」からでしかありません。

見積もりをする意味

ここで一度見積もりという事の意味を考えてみましょう。

太陽光発電を設置するときに必ず見積もりをするのは、その家によって条件が違うからですね。

例えばあなたがパソコンを買うとしましょう。

パソコンはある程度誰でも同じ機能を利用しますから、見積もりをしてオーダーメイドをするということはまず無いと思います。

パッケージ化されて価格が定められているというのがほとんどだと思います。

しかし太陽光発電というのは、その家の屋根の大きさ、形などによって設置費用が変わりますし、日当たりや光熱費の使用度合いによって元を取るまでの期間が大きく変わります。

だから太陽光発電の場合見積もりをして、ちゃんと利益が出せるのかどうかを一度調べましょうとなるわけですね。

つまり見積もりを出した時点で

  • 設置費用はいくらなのか
  • 元を取るまでどれくらいの期間がかかるのか
  • 保証はどうなるのか
  • 見積もりのブレはどのくらいあるのか

など、必要なことは全て教えてくれます。

もしその通りにならないのであれば、その見積もりが間違っていた、つまり騙されたということでしかありません。

なので、メリットやデメリットについて頭を悩ませる前に、一度見積もりをとってみてください。

見積もりを取らないとデメリットがあるのかどうかすら分かりません。

それも1社だけで見積もりをとってもらうのではなく、必ず複数社で相見積もりすることを推奨します。

何人かと話をすれば、デタラメな見積もりなのか、ある程度正確な見積なのかが見極められるようになってくるはずです。

それで納得いかない見積もりが出たらデメリットが大きいということでしょうし、納得のいく見積もりが出たならそこで設置を検討すれば良いです。

まずは以下の一括見積もりサイトを利用して見積もりを取りましょう。

太陽光発電の一括見積もりサイトについて

おすすめ特集ページ