家によっては太陽光発電の設置がデメリットばかりになることも

こんにちは、キョウです。

太陽光発電を設置するかどうかを考えるとき、本当は気にすべきだけれど多くの人が気にしていないのが、「家の向き不向き」なんです。

もし太陽光発電って設置した方がお得なの?損なの?と聞かれたら、私は「家によります」と答えます。

なぜなら設置したらお得になる家もあるし、ならない家もあるからです。

そのあたりのことを詳しく解説しようと思います。

少しイメージしてみてください。

あなたがコンビニのフランチャイズ経営をはじめるとします。

そのコンビニを建てられる土地は以下の2つです。

  1. 人通りが多く、地価が安い
  2. 人通りが少なく、地下が高い

どちらの土地にコンビニを設立したいと思いますか?

そこまで考えずとも即決で1だと思います。

1にコンビニを設立した場合は儲かっても、2に設立した場合は儲からないというようなことになるからですね。

太陽光発電もこれと同じです。

屋根が広く、日当たりも良く、光熱費をほとんど使わないような家に設置するとまさに1のような状態になります。

しかし、昼間に光熱費をバンバン使っていて、屋根が小さく、しかも特殊な施工が必要な屋根の材質で、隣に高層ビル建っていて日当たりも悪い。

こんな家に設置すると2のような状態になります。

もちろん極端な例ではありますが、太陽光発電を設置する家によってどのくらいメリット・デメリットがあるのかは変わってくるのです。

このあたりのことは素人の方が考えても正直分からないと思います。

私が以前対応したお客さんに、

「積雪がものすごいから太陽光発電は向かないと思うよ」

と言われたことがあったのですが、結局見積もりの結果が良かったみたいで設置されている方もいましたし、逆に

「うちは太陽光発電に向いていると思うよ」

と言っていた方で設置をやめた方もいました。

考えてもみなかったことが有利になったり不利になったりします。

ですので一度太陽光発電の専門家に見てもらうことをおすすめしたいです。

1社だけで見てもらう場合、間違いがあったり高額な請求を提示されたりする可能性がかなりあります。

ですので必ず複数社から見積もりを依頼しましょう。

その際は一括見積もりサイトを利用するのが便利です。

太陽光発電の一括見積もりサイトについて

おすすめ特集ページ