営業の電話がかかってきて太陽光発電を勧められた、そんなときは

こんにちは、キョウです。

太陽光発電の業者は、太陽光発電を売るために大きく分けて2つの方法を取ります。

一つは広告を使っての受注。

もう一つは営業による受注です。

広告を使う業者は、太陽光発電に関心がある人をターゲットにしてサービスの質で勝負をする傾向があります。

対して営業を使う業者は、セールストークに乗せられやすい人をターゲットにしています。

電話などを使った営業の場合、相手が例え太陽光発電に興味が無くても契約に至る場合が結構あるんです。

上手な断り方が思い浮かばなくて、話を進めていくうちに契約書にハンコを・・・という形ですね。

なのでサービスがそこまで良くなかったとしても強引に契約まで持っていくことができます。

全てがそうだとは言いませんが、はっきり言って悪徳業者の手法です。

あなたのところにも太陽光発電を勧める営業の電話がかかってきたりすると思いますが、電話営業をやっている業者と契約をするのはおすすめできません。

なぜなら、優良業者はそんなことをしなくても仕事が入ってきて忙しいからです。

業者の裏事情に詳しい私からすれば、電話営業をしている業者は

「評判が悪くて太陽光発電が全然売れません!誰かうちの太陽光発電を超高額で買ってくれませんか?」

と言っているようなものだと感じます。

そういう業者に勧められたときは、一度こちらの一括見積もりを利用するなどして他の業者の見積もりを出しておくといいです。

電話営業からの販売を行っている業者が、以下に高額で太陽光発電を売っているのかが分かるはずです。

おすすめ特集ページ