今太陽光発電を設置するメリットはあるのか?

こんにちは、キョウです。

太陽光発電の補助金制度、売電制度は大体1年ごとに一新されます。

太陽光発電自体の設置コストは段々安くなっていくものなので、補助金や売電は少しずつ安くなっていきます。

つい先日も、売電価格と補助金の価格が少し下がりました。

これを受けて、「今から太陽光発電を設置してもメリットはあるの?」と思う方が増えるはずです。

ということで、これについて詳しく解説していきます。

モノの価格は、需要と供給で決まる

当たり前の話なのですが、モノの価格は需要と供給で決まります。

つまり、補助金や売電の価格が高ければ、その分設置コストが安くなるということですので、設置をしたいという人が増え、需要が増えます。

これに対して販売者側は、「太陽光発電がどんどん売れるぞ!」となり、価格を上げます。

太陽光発電の価格というのは牛丼と違って、設置をする家ごとに毎回見積もりを取るものなのですぐ上げたり下げたりできるのですね。

なので、需要が増した瞬間に価格は上がります。

多くの日とは補助金や売電に気を取られて業者が提示する価格を無視しがちなのですが、価格は需要と供給のバランスで決まっている以上、補助金と売電が充実しているという理由だけでは今設置するのが得だということにはならないのです。

業者はそういうことを言うでしょうけどね。

で、補助金や売電の価格が下がれば設置のコストが高くなり需要が減ってきます。

かといって太陽光発電の業者も今までと同じように利益を出さなければなりませんので、多少安くても売るというスタイルに変わってきます。

つまり、補助金や売電の価格が下がればそれに応じて太陽光発電の価格も下がりますので、今設置したからといってメリットが無いというわけではなくいつ設置しても同じなのです。

繰り返しになりますが、モノの価格は需要と供給のバランスで決まるという原理原則を抑えておけば、「補助金が終了します!」みたいな売り文句に騙されなくて済むでしょう。

 

おすすめ特集ページ